ものものブログ

ものものブログ

いろんな物の購入レビューと、生活の改善をしていくブログです。DIYもあるよ。360度画像もあるよ。

【賃貸DIY】目指せカフェ風黒板リビング!その2。黒板シートを貼って黒板に加工する。

f:id:joko0108:20170625091150j:plain

ペラペラな黒板シートを板に貼ることで、巨大黒板に仕上げよう。

 

前回は黒板シートの書き心地を試してみました。 の状態ではこんな感じにガムテープで貼り付けてあるだけなので表面がしわしわです。

f:id:joko0108:20170622073306j:plain

 

僕が選んだ素材はこちら

f:id:joko0108:20170622073334j:plain

今回選択したのはプラスチックダンボール、略してプラダンと呼ばれるもの。

ホームセンターで90cm x 180cmのサイズが1000円でした。

なかなか安いので購入しやすいですね!

普通のダンボールと同じくらい軽いし、切りやすいので加工するのが楽です。

そのかわり無理に曲げようとすると折れ目が豪快につくので注意です。

ホームセンターのレンタル軽トラで持ち帰ってきたんですが、家の目の前で強風に煽られてボキッと折れちゃいました...。

 

ベニヤ板じゃなくて、プラスチックダンボールにした最大の理由は...防水であるからです!

防水だと、とある作業効率がめっちゃ上がるのです。

(詳細はこの記事の最後の方で。にやり)

プラダンをカットする

f:id:joko0108:20170622073335j:plain

90x180cmのプラスチックダンボール。

f:id:joko0108:20170622073336j:plain

これを黒板シートの幅に合わせてカットします。

f:id:joko0108:20170622073337j:plain

黒板シートの横幅60cmピッタリではなくて、左右2cm位の余裕を持って56cmでカットしました。

f:id:joko0108:20170622073338j:plain

プラダンに鉛筆でカット線を引いておいて... 

f:id:joko0108:20170622073340j:plain

定規&カッターでサクサク切っていきます。

プラスチックダンボールはとっても加工しやすくて、Amazonのダンボール箱をカットするくらいの力でスイスイ進んでいきます。

f:id:joko0108:20170622073341j:plain

ザクッと2分割完了!

黒板シートを貼って黒板にしよう

f:id:joko0108:20170622073332j:plain

黒板シートはロール上になっているステッカーです。

f:id:joko0108:20170622073339j:plain

スマホの画面保護フィルムみたいに、裏面の剥離紙をめくりながらちょっとずつ貼り付けていきます。

f:id:joko0108:20170622073342j:plain

左右2cmずつ余裕があるものの長さ2mというなかなかの難易度の予感。

あ、もし黒板シートに試し書きをしている場合は予め綺麗に消しておく事を強くおすすめします。笑

f:id:joko0108:20170622073343j:plain

マスキングテープをプラダンの裏面に貼っておいて、左右位置がずれないようにしておきました。

f:id:joko0108:20170622073344j:plain

まずは一番上の5cm分の剥離紙を剥がして慎重に貼りました。

ここで大きく斜めにずれてしまうと最後が悲しいことになるので頑張りましょう。

f:id:joko0108:20170622073345j:plain

あとは、

裏面の剥離紙を30cm剥がす→気泡が入らないように貼り付ける

という作業をひたすら繰り返していきます。

油断するとずれてしまって、ちょっと剥がしてやり直すという難易度Lv.50の作業です。

f:id:joko0108:20170622073346j:plain

それでですね、表面の試し書きを消しておかないとこの作業のときに手が真っ白になるわけなのです。

そのくらい考えてから作業開始すればよかったんですが、どうせもう手が汚れちゃったのでこのまま進めました。

f:id:joko0108:20170622073347j:plain

15分くらいかけてここまで貼れました!

凄い達成感。

f:id:joko0108:20170622073348j:plain

プラダンの高さは180cm、黒板シートの長さは200cmなので20cmくらいシートが余ります。

f:id:joko0108:20170622073349j:plain

もったいないので、余ったプラダン36x180cmから、36x56cmを切り出して延長することにしました。

f:id:joko0108:20170622073350j:plain

ドゥクシュっとカット完了。

f:id:joko0108:20170622073352j:plain

余ったシート部分も貼ることができました。

f:id:joko0108:20170622073351j:plain

(延長した部分にはうっすら線ができてしまいましたが問題ないでしょう)

f:id:joko0108:20170622073353j:plain

ボードを裏に向けて、左右にとった余白部分の処理を行っていきます。

f:id:joko0108:20170622073354j:plain

裏面に織り込むようにシールを貼っていきましょう。

といっても裏側なので、多少シワができても気にせず進められました。

f:id:joko0108:20170622073355j:plain

3分くらいで裏面処理も完了です。

いよいよ形になってきましたね。

f:id:joko0108:20170622073356j:plain

シートを貼る作業した後にはここまで汚れてしまいました。

ってことで、一旦黒板を綺麗に消そうと思います。

でもこのサイズ全体をティッシュで水拭きは大変なので、ここである技を使うのでした。

プラダンを選ぶ最大の理由がこちら

f:id:joko0108:20170622073357j:plain

ででーーーーん!

そう、黒板を風呂場に持っていって、直にシャワーで落とすのです。

計画時点でこのアイデアを思いついたときはめっちゃテンション上がりました。

水流だけでするっと、面白いほど落ちていきます。

f:id:joko0108:20170622073358j:plain

黒板シートも防水、プラスチックダンボールも防水だからこそ出来る技でした。

これがベニヤ板でつくってあるとびちょびちょに水を吸ってしまいますからね。

この技を使えることで気軽にリセットできるので、頻繁に黒板を書き換えて楽しむことができそうです。

f:id:joko0108:20170622073359j:plain

たった2分でここまで綺麗になりました!嬉しい。

ポスカで描いていた部分はそのまま残るので、ここはティッシュでゴシゴシ消す必要がありました。

f:id:joko0108:20170622073400j:plain

ということで再度リビングに持ってきて作業完了です。

綺麗になった黒板は気持ちがいい。

まとめ

  • 黒板シートはそのままで使うより、何かに貼ったほうが使いやすい。
  • プラスチックダンボールが防水だし軽いし、安いのでおすすめ。
  • 貼る作業はなかなか大変なので1時間位余裕をもって作業する。
  • チョークは流水であらうと速攻落ちるので頻繁に書き換えたい人におすすめ。

ということで、今回の作業で黒板シートが黒板に進化しました。

f:id:joko0108:20170622073401j:plain

片手で持てるくらい軽いくていいね!

どうやって固定するかはまだ検討中なのですが、次回は部屋に固定する作業を行います。

 

↓この黒板シートを買いました60cmx200cmです