ものものブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものものブログ

いろんな物の購入レビューと、生活の改善をしていくブログです。DIYもあるよ。

Amazonギフト券がプレゼントとして適しているのか、実際に自分宛てに送ってみました。レビューと使い方説明です。

先日母親への誕生日プレゼントを彼女と探していました。

あれやこれやと悩んだのですがどうも「これだ!」という物が見つからない。

見栄えだけ良くても結局不要なもの渡すよりかは、ちゃんと相手にとって欲しいものをあげたいじゃないですか。

ってことで思いついたのがAmazonギフト券

実際どんな感じで届くのかググってみても情報が出てこなくて困りました。

(結局確認すること無いまま1万円分のギフトカードを母親に送ったのですが)

母親に送ったついでに、自分自身にも発送してみたので報告します。

Amazonギフト券をプレゼントしようか迷っている誰かのためになるといいな。

Amazonギフト券の種類

があります。

  • 1000, 2000, 3000, 5000
  • 1万, 2万, 3万, 5万

今回は自分宛てに5千円のボックスタイプを送ってみました。

このギフト券には購入日(==注文日)から1年間 という期限があるのでご注意ください。

2017/01/01にポチったら、2018/01/01までが有効期限です。

↓のリンクから画面中央にある「ボックスタイプ」を選択したものです。

 

こんな感じに届きます

Amazonギフト券がポスト届きます

Amazonでギフト券を購入するときの配送先を渡したい相手の住所にしておくとこの形で届きます。

f:id:joko0108:20170221225315j:plain

※画像内の個人情報やバーコード部分はぼかし編集を加えてあります。

ある日ポストを開けたらこれが入っている感じです。

茶封筒なので良くも悪くもプレゼントらしくはないですね。

5万円のギフト券を発送してもたぶんポストに突っ込まれるのでちょっと不安です。まぁPS4なんかのゲームソフトも7千円超えでもポストに突っ込まれるので同じ感じなのかな。

日本って平和。

f:id:joko0108:20170221225316j:plain

ペリッと開封。

中身はこうなってます

f:id:joko0108:20170221225317j:plain

まず見えるのは、、、明細書と謎の袋といったところでしょうか。

f:id:joko0108:20170221225318j:plain

袋からは箱とバーコード部分が見えていました。

f:id:joko0108:20170221225319j:plain

実際に使うにはカードを箱から取り出してシリアルナンバーを確認する必要があります。

ここで見えているバーコードはきっとAmazon側の管理用。

f:id:joko0108:20170221225320j:plain

注文時に指定したメッセージがペライチの明細書に印刷してあります。

...安っぽい?

というか下手したらメッセージに気づかないかも。

f:id:joko0108:20170221225321j:plain

相手の名前は記入されていなくて、自分の(送り主の)名前がバーンと出ています。

やっとボックスを開封

f:id:joko0108:20170221225322j:plain

モニターによって表示されている色が異なるかもしれませんが、僕が選択した「チェック」デザインの箱の色は赤ワインくらい渋めの赤です。

あ、ワインレッドっていう色か。

f:id:joko0108:20170221225323j:plain

ビニールを無理やりベリベリ破る。

f:id:joko0108:20170221225324j:plain

リボンがおしゃれです。

てかやっぱプレゼントならこの状態で届いてほしい。

せめて開けたらこの状態だと良いんだけどな。

f:id:joko0108:20170221225329j:plain

裏面の窓。

f:id:joko0108:20170221225325j:plain

直接渡すなら机に置いておくだけで絵になりますね。

箱の中はこんな感じ

f:id:joko0108:20170221225326j:plain

リボンを開けることなくパカっと箱を開くことができます。

f:id:joko0108:20170221225327j:plain

カード周りは割とチープなモフモフ素材。

豆腐が入っている容器に、黒いモフモフが薄く乗っている感じです。

f:id:joko0108:20170221225328j:plain

こちらがAmazonカード。

クレジットカードくらいの厚みがあります。

ちなみに1万円でも全く同じカードのデザインでした。

Amazonギフトカードの使い方

ついでにカードの使い方も説明。

f:id:joko0108:20170221225330j:plain

箱からカードを取り出します。

f:id:joko0108:20170221225331j:plain

右上を削ります。

 

Amazonアカウントサービスを開きます。

Amazonギフト券 「アカウントに登録」 をクリックします。

f:id:joko0108:20170222165716p:plain

ギフト券にかかれているギフト券番号を入力します。

f:id:joko0108:20170222170020p:plain

番号を入力したら「金額を確認」をクリック。

金額を確認したら隣りにある「アカウントに登録する」をクリック

f:id:joko0108:20170222170107p:plain

これで登録できました!

次回の買い物のときにこの残高から支払われます。

 

Amazonギフト券の買い方

  1. ギフトカードと金額を選択してカートに入れる。
  2. カートの編集画面を開く。
  3. ギフトの設定にチェックを入れておく。

    f:id:joko0108:20170222171205p:plain

  4. レジに進む。
  5. 配送先を選択。
  6. メッセージを入力する。

    f:id:joko0108:20170222171418p:plain

  7. いつも通り注文する。

f:id:joko0108:20170221225321j:plain

 

まとめ

  • プレゼントに困ったときはAmazonギフト券ありかも!
  • ただし渡す相手によっては「ロマンチックさが足りないよ」とか「金券なんて失礼じゃ」とかなるので注意。
  • できるなら一旦自分宛てに送っておいて、メッセージカードは別に手書きで用意して、自分で再発送or直接渡した方がいい。→そのためには数日前から準備が必要です。

箱のパッキングがしょぼいとかはありますが、無料包装なのでAmazonさんに感謝です。

Eメールタイプでギフト券番号だけ入手しておいて、手紙の最後に手書きで添えるのとかも楽しそう。急ぎでも対応できるし。

 

ってことで以上がAmazonギフト券のレビューでした!

あなたの大切な方へのプレゼントの候補に入れてみてください。

 

f:id:joko0108:20170221225326j:plain

 

↓のリンクから画面中央にある「ボックスタイプ」を選択したものです。デザイン:チェックを選択しました。